訪問診療とは

矢澤クリニック渋谷は、機能強化型在宅療養支援診療所として、訪問診療を提供し、通院困難な患者さんの「かかりつけ医」として、日常診療から難病まであらゆる医療的問題を包括的にきめ細やかに診療しております。患者さんが可能な限り住み慣れた環境でご家族や地域との絆を保ちながら自分らしい生活を送ることに、真摯に寄り添い、過不足のない医療ときめ細やかなケアを通して継続的にお支えするため、疾患・医療処置・社会的背景に拘らず、どのような患者さんも積極的にお引受けします。

外来診療もご提供しておりますので、かかりつけ医として、外来診療通院時から在宅医療へのスムーズな移行・支援継続が可能です。

訪問診療とは、患者さんの状態に基づき、医師が診療計画を立てて定期的に訪問し、医療的管理を行う医療です。

訪問診療の頻度は、患者さんの状態により異なりますが、1~2週間に一度です。

診療・検査・薬の処方、必要に応じて採血や超音波検査、注射や点滴等の医療提供を行います。

かかりつけ医として診療する場合、「訪問診療」と「往診(体の具合が悪くなったり、症状が急変したりした際に患者さんの求めに応じて訪問し、診療を行います)」を組み合わせて24時間365日ご自宅での療養生活を支えます。

当法人の訪問診療

《訪問可能な地域の患者さんは、日常診療から難病まで、どのような患者さんでもお引き受け致します》

通院の負担なく診療を受けられ、ご家族の負担も減ります。

医師が患者さんやご家族の生活を確認できますので、在宅介護をしやすいよう、医療器具、介護器具、福祉制度等についてのアドバイスも可能です。

患者さんやご家族に、より日常に近い形で負担を減らした療養生活をお送りできるよう支えられます。入院に比べ、家族や地域との変わらぬ絆を保ちながら療養できます。ご家族も安心し、ご家族の様子に患者さんも勇気付けられるという良循環が生まれるために尽力したいと考えております。

《24時間365日サポート致します》

緊急の場合には24時間365日の緊急往診体制により対応致します。
連携している看護師や連携している医師がお伺いする場合にも、患者さんやご家族のご意思を尊重し、診療方針に沿った治療を継続すべく情報共有を徹底しております。

《他職種との連携によりサポート》

ケアマネジャー、訪問看護、訪問介護、薬剤師、理学療法士等訪問リハビリの介護サービス、行政(地域包括支援センター、障がい者福祉課等)と連携し、チームを組んで患者さんやご家族の療養生活全般をサポート致します。

《原則として月2回以上の訪問診療を行うことで、24時間365日対応の包括的な医療・介護の連携サービスをご提供致します》

《病院・施設と連携してサポート致します》

他の病院に通院されていても、日常診療と緊急対応のために訪問診療を受けて頂けます。

訪問診療を利用しながら、病院での専門的な治療や検査を受けることも可能です。

入院必要時には、地域の病院と連絡を取り合い、入院先の手配・調整を行います。訪問診療を受けられている中で、入院や施設への入居をご検討される際には、入院先や施設を探すお手伝いも致します。

《ご自宅で充実した検査・処置・治療が受けられます》

ご自宅で血液検査、尿検査、培養検査、超音波、心電図等の検査が受けられます。医療管理物の管理、じょく創の処置、連日の点滴等、ご自宅でも充実した診療が受けられます。

《複数の専門医がサポート致します。》

ご自宅で診療することが困難と思われがちな重度・複数の疾患をお持ちの方でも、安心してお過ごし頂けるよう、志を同じくした複数の優秀な専門医が所属しております。

また、患者さんやご家族の安心のために、地域の各医院・病院との密接な連携関係を維持し、必要な検査や入院等病院での医療を受けられるよう連携しております。

対象となる方

《訪問診療科目》

内科 泌尿器科 神経内科 循環器内科 呼吸器内科 消化器内科 緩和ケア内科 小児科

ご自宅での療養を
希望される方

入院や通院が困難な方

呼吸、栄養、排泄等、
日常生活に医療サポートを
必要とされる方

《主な疾患・症状等》

・脳血管障害後遺症 多発性脳梗塞・脳血管性認知症
・アルツハイマー病及びその他の認知症
・精神疾患(統合失調症、適応障害等)
・老人性運動器疾患(骨粗鬆症、圧迫骨折、変形性関節症、大腿頸部骨折)及び関節リウマチ
・神経難病
・重度心身障害児を含めた小児疾患
・悪性腫瘍末期
・慢性呼吸不全 慢性心不全 慢性腎不全
・合併症を伴った糖尿病
・じょく創
・老衰等

※主な症状を表示しておりますので、上記以外の方もお気軽にご相談下さい。

診療内容

「訪問診療」と「往診」を組み合わせていく中で、下記の検査、処方、処置及び治療が可能です。

【検査】
血液検査・尿検査・心電図検査・超音波検査等、簡便なものはご自宅で、その他検査が必要な場合は外部医療機関と連携して行います。

【薬の処方】
薬は院外処方となります。処方箋をお近くの調剤薬局にご提出下さい。訪問調剤のサービスを利用して宅配可能な薬局をご紹介することも可能です。

【点滴・注射】
点滴・注射は当院から持参して施行致します。訪問看護師と連携の上連日の点滴治療も可能です。インフルエンザの予防接種を含めた各種予防接種も可能です。

【医療管理物及び処置】
当院の在宅医療により管理可能な医療管理物及び可能な処置は以下の通りです。

《呼吸管理》


在宅酸素療養
人工呼吸器

《栄養管理》


胃ろう
経鼻経管栄養
腸ろう
中心静脈栄養

《排泄管理》


尿道カテーテル
膀胱ろう
腎ろう
ストマケア

《疼痛管理・緩和ケア》

胃ろう
経鼻経管栄養
腸ろう
中心静脈栄養携帯型
精密輸液ポンプ

《褥瘡(床ずれ)管理》


褥瘡処置

《身体機能維持・改善》


リハビリテーション指導

訪問診療の流れ
受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝日含む)
03-3469-5582(矢澤クリニック渋谷)

STEP1 お問い合わせ

ご自宅で医療提供を受けることをご検討されましたら、訪問診療が適切かどうかのご検討段階からご相談いただき患者さんへやご家族の適切な療養生活を一緒に検討致します。施設に入所していらっしゃる方への訪問診療についても可能な場合がございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
まずは、お電話又はE-mailにてお問い合わせ下さい。

STEP2 ご説明・ご相談

在宅医療・介護保険の説明や、患者さんやご家族への訪問診療の説明、医療保険・介護保険の説明を致します。ご自宅で過ごす不安や、在宅医療にかかる料金など、ご不明な点はご遠慮なくご質問下さい。

STEP3 各種調整

患者さんやご家族のご都合を伺い、初回診療日を決定致します。必要に応じ、関係するケアマネジャーや 介護サービスへの連絡・調整を行い患者さんが在宅で快適に過ごすための環境を整えます。 診療初日には、医師と診療アシスタントが伺い、在宅療養上の課題、ご要望やご不安をお伺いし、患者さんやご家族にとって適切な在宅療養生活をご提案致します。

STEP4 訪問診療の開始

訪問診療を開始いたします。

矢澤クリニック渋谷

【訪問診療】
03-3469-5582
yazawashibuya@gmail.com
診療費用
在宅医療は健康保険が適用されますので、ご負担される医療費には、上限があります。
原則、ご高齢者は、診療費の1割(医療保険は一部3割、介護保険は一部2割)をご負担頂きます。高齢受給者証及び後期高齢者証をお持ちの方は、自己負担金額が定められています。
例えば、ご自宅にお住まいで、70歳以上の方が月に2回訪問診療を受けた場合の自己負担額の目安は以下のとおりです(初診の改定もありますので、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
保険負担割合 自己負担の目安 医療費の上限額
1割負担(限度額証無)の方 6,700〜10,000円 18,000円
1割負担(限度額証有)の方 6,700〜8,000円 8,000円
2割負担の方 14,000〜18,000円 18,000円
3割負担の方 20,000〜30,000円 80,100円
診療地域とアクセス

《矢澤クリニック渋谷》

〒151-0064 東京都渋谷区上原1-33-11 TOPCOURT4 2階
03-3469-5582(訪問診療)
03-3469-5583(共通番号)
yazawashibuya@gmail.com
東京メトロ千代田線・小田急小田原線 代々木上原駅南口1番出口より徒歩10秒



診療範囲